HG 1/144 R-09 GAT-X252 フォビドゥンガンダム レビュー①【内容紹介編】 | HG ガンプラ製作所(仮)

HG 1/144 R-09 GAT-X252 フォビドゥンガンダム レビュー①【内容紹介編】

DSC01711
製作記 第二弾はこのカメムsゲフンゲフン・・・
作ってく過程もレビューしちゃいますよ!

積みプラ処理、始めました。
積みプラ、いくつか眠っているんですよね、ウチに。
その中の一つ、フォビドゥンガンダムを作っていこうと思います。
いやーなんで積みプラって積んじゃうんでしょうね・・・?

DSC01710
箱がかっこよくて満足しちゃうなんて・・・
この死神のようなフォルムを見ているだけで・・・満足して作らないとか。
なんて罪なパッケージなんでしょう。積みだけに。

さて。このHG フォビドゥンガンダム。
元々「機動戦士ガンダムSEED」が放送された2003年のキットだったのですが、2012年のSEEDのHDリマスタープロジェクトの企画とともに、リニューアルされたSEEDシリーズのキットの一つです。
といっても、新しくなったのは成型色と付属のシールくらいで、構造は2003年のもののままです・・・。作りは古いです。

中身を見てみます。
・説明書
一番最初にある画像です。

・ランナー
DSC01712
Aパーツ。4色成形。青いパーツないのでなんとなく地味な印象。

DSC01716
Bパーツ。ボディカラーである薄い緑色で成形。

DSC01717
Cパーツ。メタリックグレーで成形。ABS樹脂製のため、塗装は難しそうです・・・。

DSC01713
Dパーツ。ぶれてますね(笑)深緑色のパーツ。4つしかパーツがありません。

DSC01715
おなじみ、ポリキャップ。

DSC01714
SEEDのプラモリニューアルで追加されたジョイントパーツ。
SEEDシリーズにはディスプレイベース用の穴がないのでコレを使ってディスプレイベースに飾ります。

DSC01720
シール。右のデカールはリニューアルで追加されたものです。

とこんな感じ。
よくみるとランナーからパーツが切り離されたところがありますが、微妙に作りかけでいくつかパーツが切り離されていたためです。すいません(苦笑)

さてこれからどんな感じになるのか、楽しみです!

<活躍してる作品>

(フォビドゥンガンダムは本編の後半から登場します)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

プロフィール
NAME:のいん
「君の存在に、心を奪われた男だッ!」っとガンダムシリーズに言い放ったガノタ社会人。ダブルオー好きです。 ガンプラ歴は10年位ありますが素組派でした(笑) もうちょっとランクアップしたいです。
カウンター
  • 2014年8月30日カウント開始日:
  • 3今日の訪問者数:
  • 1761月別閲覧数:
  • 76888総訪問者数:
おすすめ

初心者の人にもわかりやすく、綺麗にガンプラをつくる方法が書いています
◎お問い合わせはこちらから◎

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文

メッセージの内容はこれでよろしいですか?

OKでしたらチェックを入れて送信を押してください。

画像認証
captcha